So-net無料ブログ作成
メッセージ配達日記 ブログトップ

国会議員の方からの連絡!! [メッセージ配達日記]

私たちが出した、国会議員の方あての手紙に、今日もお返事が届きました。
衆議院議員、自民党の方です。
「ご要望確かにうけたまわりました。皆さんもがんばってください。」とメッセージをいただいています。
本当にありがとうございます。

引き続き、みんなで、できることをやり、
そして、何より、この問題を、いろんな方に知っていただきましょう。
桜の季節、良い春を!!

発起人一同

世田谷区三軒茶屋地区 [メッセージ配達日記]

2008年3月26日、世田谷区三軒茶屋地区の国会議員事務所2軒に、
「バベル」字幕の願いをつなぐ市民の会 発起人が中心になって、
「DVD字幕法制化のお願い」の手紙を、出してきました。

自民党 越智隆雄さん
民主党 小宮山洋子さん の事務所です。

越智さんの事務所では、「国会期間中ですが、確かに預かります。」
と言ってくれました。
小宮山さんの秘書の方が、
「国会議員で、会派党派を超えた、映画推進の委員会があるはずです。
そこをご紹介しましょう。」と約束してくれました。

みんなで、伝え続けましょう。

文化庁も!! [メッセージ配達日記]

10月5日付の朝日新聞に記事が載りました。

文化庁が、著作権法の改正に、着手してくれたそうです。映画やDVDの字幕・手話付けには、著作権の許諾などが必要です。今まで、聞こえない人向けに、字幕などを付けようとしても、手続きが複雑で、なかなか字幕の許可が出ないなどの壁がありました。その、許諾手続きをしなくても、聞こえない人向けの字幕がつけられる。そんな風に法律が変わるのだそうです。文化庁では、その準備に入り、早ければ、来年夏から改正となるよう、
調整を進めるそうです。
http://www.asahi.com/culture/tv_radio/TKY200710040280.html

世田谷区議 → 東京都議会 → 石原都知事・スポーツ文化局長 → 文化庁・経済産業省・厚生労働省 と、要請がつながり、文化庁も、法律の検討を始めてくれて、本当にうれしい思いでいっぱいです。

ここで、気を緩めず、私達も、もっともっと、多くの人に、メッセージを届けたいと思います。
みなさん、本当にありがとうございます。

発起人一同


障害者権利条約:政府が署名決定 国内法整備必要に [メッセージ配達日記]

今日の毎日新聞夕刊で、ある記事が出ました。
「障害者権利条約:政府が署名決定 国内法整備必要に」
政府が28日午前の閣議で、障害者の就職や教育で受ける差別を撤廃し、
社会参加を促すことを目的とした「障害者の権利条約」に署名することを決定したという内容です。
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20070928k0000e010057000c.html

訪米中の高村正彦外相が同日深夜(日本時間)ニューヨークの国連本部で署名するということです。

私たちの、字幕法制化にも、追い風になるといいですね。

発起人一同


関西支部、大阪府議会議員事務所訪問!! [メッセージ配達日記]

本日、関西(大阪)支部のメンバーが、大阪府議会議員に、メッセージを配達しました。

写真左から、
大阪の伊藤博史氏/バベル呼びかけ人②岡本かおり氏(ろう者)
鈴木和夫府議会議員/ろう者の上田氏


和歌山県にもメッセージ配達 [メッセージ配達日記]

バベル呼びかけ人③南 瑠霞です。

9月19日~21日、本州最南端 和歌山県串本町へ行って来ました。
私の実家のあるところです。
19日夜 串本町町会議員 浜田勝裕(はまだ・かつひろ)さんにお会いし、
字幕の事情を説明し、メッセージを渡してきました。
彼は、ちょうど私の高校時代の同級生で、最近、町会議員さんになっていたんです。笑
すぐにブログ http://blog.livedoor.jp/hamakatu2000/archives/64658030.html に載せてくれ、
近くの自民党事務所にも出向いて、
事情を説明してくれたそうです。感謝です。
彼は、「自分たちの時代を作ろう!!」
そう言ってくれ、とてもうれしかったです。

その後、高校時代の担任の先生が、なんと地元で校長先生になっていたので、
会いに行きました。
和歌山県立古座高校の校長先生です。
こちらも、
「ホンマやな。洋画でも日本語が出てきて、
そこに字幕がなかったら、そりゃ、聞こえない人にはわからんわなあ・・」
と、バベルの話を聞いてくれました。
「大事なことやから、授業か何かで、必ず、若者たちなどに話し合ってもらえる機会を作れるよう考えよう」
と言ってくださいました。
手土産もなく、飛び込んで、私のお願いだけをしてしまいました。
M先生、ありがとうございます。
ヨロシクお願いします。

みなさんも、自分の身近な、ちょっと目上の頼れる人に、
メッセージを伝えてください。
断られたっていいんです。
少なくともその人が、「だれかが、字幕のことを言っていたなあ・・・」と、
知ってくれるわけですから。
みなさんの力が必要です。
多くの人に知ってもらい、どんどんその輪を広げていくこと。
ただただ、それを願っています。
ヨロシクお願いします。

南 瑠霞


石原都知事が、約束を守ってくれました。 [メッセージ配達日記]

6月に、一般質問のあった、都議会の朗報です。
6月、東京都議会で、石原都知事が、映画の字幕について
「まず、自分の作品から、DVD化に際し、日本語の字幕をつけるよう、映画会社と相談します。」
と、発言されましたが、
その通り、約束を守ってくれました。

石原知事が書いた
「俺は、君のためにこそ死ににいく」DVD日本語字幕付き決定10/21発売予定。

一緒に考えてくれる 人が増え、
うれしいですね。
一人ひとり、理解者を増やしていきましょう。

発起人一同


手紙作戦の朗報 [メッセージ配達日記]

バベル呼びかけ人③南 瑠霞です。

きのう夜、朗報が、入ってきました。
「横浜で活動中の難聴の方が、横浜市議会議員さんとお話ができた」というものです。
ここから、どこにつながるか、また、ここでいったんとまってしまうかわかりません。
でも、1人、いや、数人、確実に、この問題を知ってくださる方が、増えたことは確実です。
だから、朗報として、このことをみなさんにお伝えしたいと思います。

お手紙作戦については、
「途中で、止まってしまって、国会議員まで行かないなら、意味はないんじゃない?」
というお便りもいただいています。

でも、私は、そうは思いません。
途中で止まってしまっても、それでも、みんなが知ってもらおうと行動することが、大事なのです。
全部が、途中で途切れてしまったとしても、すでに、配ったお手紙の分、
この問題を知る人は増えるわけですし、
たった一つ、誰かのルートが、
法律を作り上げていく、キーマンにつながれば、それはすごいことなのです。
私達は、それを信じて、情報を発信し続ければいいのです。
みんなが、やるから、そのたった一つのルートを、見つけ出すことができるのです。

みんなが、自分の地元の信じる人に届けることで、
その輪が確実に広がります。
最後にどこに届くかなんて、そんなことは、問題ではないのです。
私たちの心を とにかくどんどん、いろんな人に知ってもらうこと!!

届けた相手は、たとえ何もしなくても、『へえ、そんな悩みを持っている人がいるんだ』
そう知ってくれただけで、私たちの宝物は増えるのです。
それを信じて、ひとりずつ、自分の話せる相手に、
このことを伝えてください。

学校の先生でも、となりのおじちゃんにでも!!
そして、誰だかわからないあたりクジを持っている人を、
みんなで引き当てるのです。
がんばりましょう。

知ってくれることを増やすこと。それだけを信じて実行してみませんか?

南 瑠霞


これまでに、手紙を届けた国会議員は・・・ [メッセージ配達日記]

南 瑠霞です。

こちら、これまでに手紙を届けた国会議員は、
4人です。

公明党 参議院議員 山口なつおさん
公明党 衆議院議員 高木美智代さん
民主党 衆議院議員 小宮山洋子さん
自民党 衆議院議員 小杉隆さん

公明党の山口なつおさん、高木美智代さんは、議員立法ができないかどうかと、考えてくださっています。
民主党の、小宮山洋子さんの秘書の方は、「国会議員の中には、超党派で映画振興を考えている勉強会もあるので、そこにも話を持っていけるよう考えましょう。」と、言ってくださっています。
自民党の小杉隆さんの事務所も、手紙を受け取ってくれました。

まだまだ、人数は、少ないですが、コツコツ、地元東京世田谷から、攻めます。
皆さんも、どうか、力を貸してください。

あ、そうだ。
私の高校のときの同級生が、関西で、町会議員をしている。
彼にも、頼んでみよう。

あ、誰か、宮崎県知事のところに行ってくれないかなあ・・・笑

ヨロシクお願いします。


6月に始めたアクション [メッセージ配達日記]

バベル字幕呼びかけ人③南 瑠霞です。その節は、皆さんに、署名で大変お世話になりました。
本当にありがとうございました。
私たち、バベル呼びかけ人3人は、手紙作戦を、6月にスタートさせました。
その輪が、少しずつ、広がっていて、とてもありがたく思っています。

「DVD字幕法制化」について、自分より目上の人に、メッセージを伝えてほしい!!
というのが、手紙作戦の、願いです。
小中学生なら、担任の先生に。学校の先生なら、校長や教育委員会に。街の商店の方なら、商工会議所に・・・とにかく、字幕のことを一緒に考えてくれそうな目上の人に、手渡しで届け、なにかのきっかけにつなげて行ってもらえれば・・・
そう考えたからです。

6月、私は、自分の地元である、世田谷区の区議会議員に、
この手紙を渡しました。
そこから1本の糸がつながり、都議会で、この話題が取り上げられました。
石原都知事も、
「聞こえない人が、字幕がないために、映画を楽しめないのは、残念。
今後、自分の映画や、都の映画祭を通じ、ともに考えていきたい。」と、
コメントしてくれました。

そして、次に、都議会議員が、国会議員や経済産業省に、伝えてくれ、
7月には、経済産業省と、全国中途失聴者・難聴者協会、全日本聾唖連盟との、
懇談会が実現しました。

私の知り合いの学校の先生も、2学期、子どもたちと話して、
福祉を考えるきっかけ作りにしてみたいと言ってくれています。

ぜひ、心の輪が、広がることを願っています。
みなさん、ぜひ、力を貸してください。
みなさんの、配達記録も、ぜひ、このメッセージ配達日記のコメント欄に、書いてください。
どうぞヨロシクお願いします。

南 瑠霞


メッセージ配達日記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。