So-net無料ブログ作成
検索選択

国会衆議院 文部科学委員会 を 傍聴 [市民の会~東京本部日記]

5月8日午前
世話人 塩野谷富彦(ろう者・会社員)
事務局 吉田伸一(ろう者・会社員)
発起人 南 瑠霞(手話通訳士・コーディネーター)
と、通訳者2人で、
国会 文部科学委員会に傍聴に行ってきました。

先日「著作権法の一部を改正する法律案」が出され、
それについて、委員会で、質疑応答が行われたものです。

*聞こえない人は、字幕がなければ映像が楽しめない*

にもかかわらず、著作権があって、それを自由に字幕化できない!!
だから! 特に邦画(日本映画やDVD)は、
聞こえない人は、見てもセリフが分からない!!!
よって、楽しむ以前に、ストーリーも理解できない!

そこを、聴覚障害者向けの字幕・手話通訳について、
著作権の許諾なしに、
つけることができるようにしようという法案です。

今後は、NPO法人などにも、こうした字幕付け、
(また、目の悪い人向けの音声ガイド付け)作業の、
認可がおり、
聞こえない人も、今までより、
字幕付きで楽しめる作品が増えそうです。

ただ、これは、映画制作関係者の義務としてではなく、
「つけたい、必要だと思う人が、字幕付けがしやすくなる」
という法律になる見込みで、
この辺まだまだ、私たちも、
さまざまな行く末を見守らなければなりません。

今日は、
実際、傍聴席に、聞こえない人が座り、
審議の様子が、手話通訳を通して、伝えられた姿を、
委員会に参加した、多くの議員の方にも見ていただきました。
内容もさることながら、
「聞こえない人が、この問題をとても注目しているんだよ。」
という姿自体を、
いろんな方に見ていただけたことも、
とても大事だったと思っています。

皆さんも、ぜひ、今後の法案の行方を見守ってください。
早ければ、今期通常国会で、採決され、
2010年度から、施行される可能性があります。

高井美穂議員ミニ.jpg
今日質問に立った 民主党 高井美穂議員

通訳を受け傍聴ミニ.jpg
傍聴席で、通訳者を介し、
質問を受けた、文部科学大臣や、
文化庁次長などの、回答を聞きました。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。