So-net無料ブログ作成
検索選択

和歌山県にもメッセージ配達 [メッセージ配達日記]

バベル呼びかけ人③南 瑠霞です。

9月19日~21日、本州最南端 和歌山県串本町へ行って来ました。
私の実家のあるところです。
19日夜 串本町町会議員 浜田勝裕(はまだ・かつひろ)さんにお会いし、
字幕の事情を説明し、メッセージを渡してきました。
彼は、ちょうど私の高校時代の同級生で、最近、町会議員さんになっていたんです。笑
すぐにブログ http://blog.livedoor.jp/hamakatu2000/archives/64658030.html に載せてくれ、
近くの自民党事務所にも出向いて、
事情を説明してくれたそうです。感謝です。
彼は、「自分たちの時代を作ろう!!」
そう言ってくれ、とてもうれしかったです。

その後、高校時代の担任の先生が、なんと地元で校長先生になっていたので、
会いに行きました。
和歌山県立古座高校の校長先生です。
こちらも、
「ホンマやな。洋画でも日本語が出てきて、
そこに字幕がなかったら、そりゃ、聞こえない人にはわからんわなあ・・」
と、バベルの話を聞いてくれました。
「大事なことやから、授業か何かで、必ず、若者たちなどに話し合ってもらえる機会を作れるよう考えよう」
と言ってくださいました。
手土産もなく、飛び込んで、私のお願いだけをしてしまいました。
M先生、ありがとうございます。
ヨロシクお願いします。

みなさんも、自分の身近な、ちょっと目上の頼れる人に、
メッセージを伝えてください。
断られたっていいんです。
少なくともその人が、「だれかが、字幕のことを言っていたなあ・・・」と、
知ってくれるわけですから。
みなさんの力が必要です。
多くの人に知ってもらい、どんどんその輪を広げていくこと。
ただただ、それを願っています。
ヨロシクお願いします。

南 瑠霞


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。